HMI

新しい体験を実現するために。

なさんは「HMI」という言葉を聴いたことがありますか?
言葉の読み方は「ヒューマン マシン インターフェース」
ちょっと難しいですね。

私たちの中では、人が機械と対話する部分、まさに触る、押す、廻すといった行動や新しいセンサーや機器を使った人の意思を機械に投入する部分を含めた事象が成立する体験をイメージしています。

視覚情報からの操作イメージ一致や接触情報からのフェードバック体験など、人の意思を反映する接点部分からの新しい経験をお客様と共に実現化します。

ハードウエア知識及びソフトウエア知識だけでは完成しない「ものづくりへの想い」が求められるやりがいのある分野です。

何事も一度には完成しません。

アイデアスケッチから実現化へのプロセスを検討し、原理試作等を経て、試作は進められてゆきます。
時には映像を先に作り”コトの検証”を行ったりデザイン先行で機能をイメージしたり。。
それゆえに出来上がった完成品を見ることが出来た時の達成感は、、、秘密です。

HMIイメージ写真

HMIプロダクト開発

れはまだ体験したことの無い領域への挑戦。
普段の私たちはお客様からのご依頼を受けて新しい体験の為の装置と、体感できるHMI(ヒューマンマシンインターフェース)の融合をお手伝いしています。

時にはGUIであり、時には新しいセンサーであり、製品だったりします。

モーターショーや展示会等で発表される新製品に係ることが多いのでこれ以上詳しくお話をすることが出来ません。

しかし、とてもやりがいのある分野です。
VR技術やモーション技術等、入力操作は元より認知精度向上まで、ソフトだけは実現できない部分への取り組みやWebデザインだけではないコト”や"モノ”をイメージしたデザイン、

映像製作も大切なビジネスととらえこれまでに携わってきた組み込み事業や、ヒューマンインターフェース事業で蓄積された開発ノウハウとデザインノウハウを基に、新しい分野への展開を始めています。

メニュー